必ず確認される個人信用情報

テキスト

カードローンの申し込みを行なうと必ず確認をされることがあります。それは、お金を貸し出ししても大丈夫かどうかを審査するために、各金融業者は必ず個人の信用情報というものを照会して過去の金融機関の利用状況などを調べるのです。具体的には、クレジットカードや他のローンの支払状況や利用状況、申込み状況などを調べます。この信用情報は日本に3 ヵ所あり、どの情報機関で登録をされているかというのは、金融業者の種類などにより違いがあります。多くは2ヵ所に同時登録を行なっていることが多く、クレジットカード会社と銀行系ではその登録先に違いがあるようです。しかし、どれかで調べれば必ず履歴や情報が書かれていることとなるので、もしも、申込み時に明らかなウソなどを記入して申し込みをしても、即座にウソと分かってしまうばかりか更に信用を低下させることとなるでしょう。 この重要な個人の信用情報はその他に基本的な情報としてカードの利用状況の他に氏名や生年月日はもちろん、住所や勤務先や状況なども登録されています。ここでもしも、過去に何度かクレジットカードの支払の遅れや何ヶ月も支払をしなかったなどの状況があれば確実に情報が登録されており、その状況次第では明らかにお金に対する信用状況が低下して信用がないと判断されてしまう可能性が十分考えられます。事実、過去に支払遅れが多い人の場合はカードローンの申込みが成功しないというケースも多々聞かれています。

Copyright(C) 2013 サイト名 All Rights Reserved