リサが教える!カードローンの損しない使い方!

カードローンとは?

毎月の収入があまり多くないのに、物価や税金の額が上がり毎日の生活に頭を悩ませている方も多いことでしょう。その中でどうしてもお金のやりくりが難しい状況なのに、まとまったお金が必要となる場面も度々遭遇します。この時に考えるのがカードローンの存在ですが、カードローンは一体どのようなものでどのような仕組みであるのか理解をされてない方も多いのではないのでしょうか。ここでは、カードローンとはどのようなものであるか、あらためて確認をしてみたいと思います。 カードローンは専用のローンカードからATMを利用して現金を借りることです。しかし、そのような形でお金を借りる方法はいくつかあり似ているものもありますが、一般的なカードローンでは限度額が設定されてその範囲内で何度も借入ができるものとなっています。借入を行なうたびに利息が計算しなおされ、決められた返済日までに返済をしていくという流れとなります。この利用方法は利用の目的は事業目的以外であれば特に問いません。しかし、中にはフリーローンと呼ばれるものがありますが、そのローンは使い道が自由でも一回きりの借入しかできないというものもありますから注意が必要です。また、カードローンは数百万円までの大きな金額の借入が可能な場合があります。金利も額が大きければ低くなるように設定がされています。利用が可能かどうかを審査するのですが、やはり簡単とは言いにくい部分もあるようです。

キャッシングとの違いはある?

カードローンと似たような利用方法の中に、クレジットカードのキャッシング枠というものがあります。これもATMを利用して現金を借りる事ができる便利な方法です。その方法だけを見るとカードローンとあまり違いは見られませんが、どこか違いはあるのでしょうか? キャッシングという意味はお金を借りるということなのですが、最近ではカードローンでもキャッシングという意味を一緒に利用する事も増えてきました。しかし、厳密にはカードローンとキャッシングというものは違いがあります。キャッシングはクレジットカードがなければ利用が出来ないサービスであり、かつもともと小額の借入を目的としたサービスであります。そのため返済時は基本的に一括払いを前提としており、カードローンよりも利息も高く設定をされています。限度額内で何度も利用が出来る対面では似ていますが、同じ金額を借りると圧倒的に返済額で不利となるでしょう。しかし、最近では分割の返済にも対応を行なうクレジット会社も多くなってきているので、以前ほどの不便さは少なくなってきているようです。それでも利息は変わらず高い傾向のままですから、できれば本当に必要となった場合を除いて常習的に利用をすることは避けておいた方がよいもの思われます。 昔に比べると、カードローンとキャッシングの境目はかなり曖昧となってきましたが、自分の生活スタイルや利便性にあったものを選んで利用をすると良いでしょう。

カードローンと総量規制について

カードローンを利用するときに理解をしておいてもらいたい事があります。それは総量規制と呼ばれる法律です。ここでは総量規制とはどのようなものなのか簡単に説明をしてみたいと思います。総量規制とは、年収の額に応じて借りることが出来る金額を制限することであり、年収が少なければその分借りる事ができる金額も少なくなります。その金額の割合は年収に対して3分の1と決められています。そして、この金額は他の業者で借入残高があれば一緒に合算をされてしまいます。そのため、もしも、他のカードローンで残債が残っていて、新たに借入先を作ろうとしても年収からの割合で上限を超えてしまうなら、申し込みはできないということになってしまいます。以前はそのような上限はありませんでしたから、専業主婦でも誰でも上限なく借入ができました。しかし、そのために返済不可能となり自己破産などが社会問題となり、総量規制という法律ができました。収入に対する割合から限度額を設定するため無収入の方は事実上利用が不可能となります。それでは、専業主婦などは利用ができないこととなります。しかし、この法律は賃金法により営業をしている消費者金融業者が対象であり銀行系は対象外です。そのため、借入の額に不安がある方や収入が少ない人などは銀行系のカードローンを利用する事で利用可能の道が開けるかも知れません。しかし、銀行系は利用のための審査は厳しい事も多いので難しいところです。

消費者金融系のカードローン

カードローンは様々な業者が取り扱っています。そのため、ひとくちにカードローンといっても見た目は同じでもその中身や特性に違いがあり、個々の収入状況などにより適切な業者のカードローンを選んでも申し込みをしなければ失敗をしてしまう可能性もあります。ではどのような業者がカードローンを取り扱っているのでしょうか。 まず代表的なところとしては消費者金融系のカードローンです。大々的に宣伝をしているので、名前だけでも知っているという方も多いことでしょう。有名タレントなどを起用し今では暗くて嫌なイメージもすっかり払しょくされました。消費者金融系のカードローンの最大のメリットとしては、対応の早さと便利さです。審査から利用まではかなり早いスピードで対応し、実際に借入や返済においても非常に便利なシステムが作られています。融資に対する知識やノウハウが十分にあるので、とても頼りになることでしょう。しかし、その分全体的に利息に関してはやや高めという傾向があります。審査についても他の記入業者よりは柔軟な姿勢という事が多いですから、どうしても金利は高めの設定となってしまうのですね。また、先に紹介をした総量規制の対象となってしまうため、専業主婦や収入が極端に低い方は利用が難しくなります。そのため、よく聞く業者で審査が柔軟といって安易に決めるのではなく、申し込み可能な条件をよく確認し断られてしまう事がないよう注意をしましょう。カードローンの参考サイト:http://www.edingame.com/

MOUSE OVER!